越後岩室温泉郷

NHK大河ドラマ直江兼続の弟『大国実頼』が、岩室温泉天神山城主

  天神山(標高250m)は、全山が雄大な縄張りをもつ山城の跡。城主は小国氏で、いつ築城されたかは定かではないが、室町時代には小国氏が在地していた。天正11年(1583)清水内蔵助が天神山城将になり、上杉氏の一国支配下となり、慶長3年(1598)上杉景勝、会津国替えに際し廃城となった。
 2009年NHK大河ドラマ、火坂雅志氏著書『天地人』主人公「直江山城守兼続」、その弟・大国実頼は天神山城主であって兄弟で上杉家、お屋形さまに命を棒げた。

  • 天神山城跡
  • 天神山城跡

天神山城跡

越後の国蒲原桜井郷天神山城(現在地新潟市岩室温泉天神山城址)
 仁平3年(1153)、源三位頼政の弟源頼行魚沼小国堡に住し小同氏を号し小国と天神山に二城を築城し、天神山城に嫡子兵庫頭定頼を居らしむ。

◆頼継

頼連三郎 初代城主 安元二年(1176)、小国頼行嫡孫(源宗頼の子三郎)。文治四年(1188)、養子小太郎吉政(頼政の子供)に松岳城を築き城主にす。小太郎古政は頼続の妹白妙を娶る。三男二女をもうける。

◆頼隆

小国三郎次郎(源頼連の長子三郎)

◆頼景

小国三郎次郎(源頼連の長子三郎)

◆頼村

小国三郎次郎(源頼連の長子三郎)

◆実頼

 小国興七 但馬守 永禄五年(1562)生。天正十年十一月小国重頼の継嗣となる。(父 坂戸城主 長尾政景の重臣 樋口惣右衛門兼豊)、(母春日城主上杉謙信の重臣直江大和守景綱の妹お藤)。実頼は、樋口兼続(後の直江山城守兼続)の二歳年下の実弟。(兄樋口興六兼続、次男樋口興七実頼、三男与八秀兼、長女きた、二女、三女)。

 兼続、天正九年(1581)十月、景勝の命で直江家へ婿入り。妻お船(従姉)、居城は与板城。謙信から受け継いだ『義』の心を生涯貫き通し甲冑に『愛』を掲げ戦国乱世の漢であった。兄兼続と共に実頼は若き頃から上杉家の家臣として戦場を駆け回り、お屋形さまの謙信、景勝のためと働いた。兼続は若干21歳で家老となり、実頼も重臣を務めた。

 兄弟は武田軍・織田軍との戦いに上杉軍の中枢として働き、天正十年(1582)十一月五日、上杉景勝の命により弟・実頼は小国重頼の養子となり、天神山城主となる。天正十五年(1587)十月二十八日、実頼は秀吉聚楽第新築に上杉家賀使を務める。この時期に大国と改める。文禄三年(1592)、此のころ知行定納高9041石2斗、軍役542人半であった。

 慶長三年(1598)、春日山城・天神山城、会津に移封。 朱印状(其方家中侍の事は申すに及ばず中間小者・奉公人たる者一人残らず召しつれ)。上杉景勝公奥州会津に於て120万石を領せらる。実頼の采地2万1千石同心給分3,300石、都合24,300石を賜わる。会津南山の城代を命ず。その後、徳川家康の上杉討伐で会津上杉軍五万で応戦後再度移封。文禄六年、公亦羽州米沢城に移る。大禄は減り三十万石、実頼羽州高畑の上代七千石に。が、城には移らなかった。戦国の世で「兄じゃ、兄じゃ」と呼び慕い生死を共にし、どの戦いにも一緒に戦った兄弟が、後世にはなぜ心が通じ合わなかったものか。

お宿ご紹介

  • 岩室温泉のお宿
  • 田ノ浦温泉/間瀬海岸のお宿
  • 見どころ名所
  • イベント&レジャー
  • 食べる 飲む
  • お土産
  • 立寄り場
  • 史跡・寺社
  • 観光マップ
  • 名物
  • 近隣の観光スポット
  • 新潟市岩室観光施設いわむろや
  • 伝統を受け継ぐ岩室芸姑
  • おいしい体験
  • WILLER TRAVEL・ウィラー・ピンクのバス
  • 近隣の山々
  • Please refer to the English leaflet
  • 请参阅传单的中国
  • Пожалуйста, обратитесь к российской листовки
  • 한국어 안내서를 참조 하십시오