観光

おすすめモデルコース
史跡巡りコース


このコースでは、岩室の歴史に触れてお楽しみください。

おすすめモデルコース
食コース


このコースでは、岩室を巡りながら岩室の一品や銘菓をお楽しみください。。

おすすめモデルコース
周遊コース


このコースでは、岩室温泉とその周辺を巡ってお楽しみください。

おすすめモデルコース
体験コース


このコースでは、岩室を知りながらさまざまな体験をしてお楽しみください。

岩室の見どころ

崖末・花立岩

間瀬海岸景勝のひとつ。海に浮かぶ奇岩の上に松の木のそびえたつ様は、まさに国定公園の名に恥じない絶景である。

間瀬の白岩

石灰の凝灰岩=火山噴出物が堆積凝結してできた岩石。間瀬海岸のシンボルとなっている

越後七浦観音

海難防止、海霊供養等を願い建立された、地上8mのブロンズの観音像。毎年6月上旬に海開きとともに、越後七浦観音例大祭が開催される。

こめぐりの郷公園

日本海の夕日を見るのに最適な、芝生の広く綺麗な海に臨む公園。

ゆのさと公園

温泉街から徒歩で10分くらいの水辺のやすらぎ公園。

間瀬漁港

新鮮な魚介類が毎日水揚げされる。また、最北端の対馬海流(暖流)が流れ、絶好の釣り場となっている。

枕状溶岩

間瀬海岸に独特の奇岩風景を作っている枕状溶岩。今から約二千万年前の海底噴火でできたものといわれる。昭和36年県指定文化財。

弁天岩

別名「沖弁天」とも呼ばれ、豊漁を祈願する弁財天を祀る岩。枕状溶岩で出来ている。

夏井のはざ木

日本一の米どころ越後平野を古くから特徴づけてきた「はざ木」。秋になると、刈り取った稲が干され、あぜ道の黄金色の屏風といった風情であった。はざ木と平野の醸し出す美しい情景を、後世にと残されている。

種月寺(しゅげつじ)

文安3年(1446)薩摩出身の南英謙宗(なんえいけんしゅう)が開基。越後曹洞宗4大道場の一つ。 本堂は国の重要文化財で、毎年6月19日には開山忌が行われている。2008年に、本堂屋根の復元工事を完了し、見事な茅葺屋根となっている

岩室神社

弘化2年(1845)建立。神明社、十二神社、諏訪社、御鉾神社、稲荷神社の5社を神明社の地(現岩室神社)に合祀。神明社の祭神は、天照皇大神(伊勢神宮の内宮の神)と豊受大神(外宮の神)。

青龍寺(しょうりゅうじ)

天平8年(736)行基菩薩創建と伝えられる真言宗の古刹。弘法大師越後21ヶ所霊場札所。「天の浮舟(宇宙船?)」ではないかといわれる舟地蔵がある。周辺には青龍寺遺跡の名で、縄文中期・後期の土器・石器が出土。

浄専寺(じょうせんじ)

浄土真宗・東派。庭園は地元の石を使い、庭師美石(通称ねこ)によって作庭された枯山水庭園で、県指定有形文化財。狭い土地ながら広大なイメージを醸し出し、室町文化の営業が見受けられます。

楞厳寺(りょうごんじ)

村上天皇(946年即位)の皇子、桃井法親皇の悲願によって創建されたといわれ、親皇の陵墓が五輪塔で残る。曹洞宗。厄除け、「酒顛童子伝説」で有名。

海雲寺(かいうんじ)

貞観年間(9世紀)に間瀬入道海雲によって真言宗寺院として開創。寛永16年(1639)種月寺十二世体厳存道によって曹洞宗に改宗となる。本堂の左奥に龍神を祀る龍神堂があり、海難から人々を守る寺である。

近隣の観光スポット

弥彦神社

古くから越後一宮として県内外の信仰を集めてきた彌彦神社。御祭神は天照大神の曾孫の天香山命(あめのかごやまのみこと)で越後地方の開拓にあたられ、農耕や産業の基礎をさずけられたといわれています。車では三条燕ICよりアクセスでき、無料駐車場も完備しています。

弥彦山ロープウェイ 

弥彦山の山麓駅と山頂駅1000mを5分で結ぶ索道で眺望抜群。

新潟ゴルフ倶楽部

なだらかな丘陵地にある18ホール、パー72。自然を巧みに生かしたコース。

佐潟(渡り鳥観光スポット)

年々多くの渡り鳥が訪れる、(ラムサール条約登録)の湿地。

上堰潟公園(うわせきがた)

角田山の麓に広がる花々に囲まれた開放感あふれる自然公園。

寺泊魚市場

新潟の魚市場といえばここ。様々な魚介類や食事処で賑わう。

お杉バラ園

660種類のバラが1350本植えられ、5月下旬から11月までが見頃です。入場料無料。

ジェラテリア・レガーロ

100種類以上のレシピで、季節感を大切に12種類ほどのジェラートを毎日提供

カーブドッチワイナリー

海岸沿いの角田浜にあるワイナリー。この地で大切に育てたぶどうだけで作ったワインを提供しています。

アクセスマップ